講座002

更新・失効再交付が終わったあとのお手続き

船舶免許の新規取得又は更新・失効再交付が完了した後も、免許証を保有する限り手続きが発生します。

このページではその後の手続についてご案内致します。

船舶保険へのご加入

船舶を所有されている方には、船舶保険へのご加入をオススメしております。

船舶は自動車と異なり、自賠責保険の制度が無く、任意保険にご加入頂いてない場合は無保険の状態となります。

無保険でも違法ではありませんが、万一事故を起こした際の民事上の責任(損害賠償責任等)を負うということは自動車と同じですのでご注意下さい。

なお、当センターでは、船舶保険の代理店となっておりますので、ご加入・お見積りをご希望の方は、船舶検査証書及び船舶検査手帳をご用意の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

更新

更新は、船舶免許証に記載されている有効期限(旧免許証記載の有効期限の5年後が今回の有効期限となります)の1年前から行っていただくことが出来ます。したがって、今回の更新・及び失効再交付から最短4年で更新を行っていただくことができます。

今回更新で当センターをご利用いただいた方は、更新時期が到来した旨をはがき及びメールでご連絡させていただきますので、ぜひご利用ください。

記載事項訂正

船舶免許に記載されている事項(住所・氏名・本籍地都道府県・その他)に変更が生じた際に行っていただく手続きとなります。

記載事項訂正は、更新時期が到来している場合は、記載事項の変更と更新をまとめて行うことができ、印紙代も安く収まるためまとめて行っていただくようオススメしております。

また、更新時期が到来していない場合は、運輸局までお越しいただくか当センターの代理申請サービスもご利用いただくことが出来ますのでご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

紛失による再交付

免許証を、紛失した際に行う再発行の手続きです。

この手続も運輸局までお越しいただく必要があります。

また、記載事項訂正と同じく、更新・失効再交付の手続きも必要な場合は、まとめて行っていただくことができます。

失効再交付

船舶免許の有効期限が過ぎてしまったことにより失効した船舶免許証を、再び有効な船舶免許証として再交付するための手続きです。

自動車の運転免許証等は、失効すると再度免許証を取得しなおす必要がありますが、船舶免許の場合は講習(身体検査含む。約3時間程)を受講していただければ再交付ができるため、比較的カンタンに再交付することが可能となります。

ステップアップ

船舶免許の進級です。2級の免許証をお持ちの方が1級にステップアップするのが一般的です。

ステップアップは、新規で免許証を取得することになるため、ステップアップから5年後が次回の有効期限となり、更新や失効再交付の代わりになります。また、2級から1級へのステップアップの場合、実技試験や学科科目3科目が免除となるため、新しく免許を取得する方に比べてカンタン、低価格で1級を取得できるようになっております。

船舶免許ステップアップの詳細(外部サイトへのリンク)